admin⇒

ひみこのボーイズラブ小説 既読記録

≫徒然と。思ったこと、雑文など

 | ~home~ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

所持同人誌リストを作ってみる

さて、先日(つってももう5か月ほど前ですがwww)書いた通り、
現在所持している同人誌のリストを作ろうと思います。
ちなみになぜ今なのか、というと、夏コミ前の所持チェックを兼ねてるからw

とりあえず作家さん別で、各エントリー。

当然ながら、BL作品のみのエントリー(少量一般ラノベのとかも持ってるんで)

表紙もつけとこうか。(けっこう、コレあると、古本やオクでの在庫チェックに便利)

ってことでボチボチと。
スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

同人誌買いまくっちゃった(汗)

どーーっしても欲しいと思った同人誌があって、探してたら、他の物まで欲しくなっちゃって、
うっかりオークションとか渡り歩いちゃったら、気が付けば同人誌を買いまくってたって話。
普段あまり同人には手を出してないのに、タガが外れるとダメだね。
(ちなみにそのどうしても欲しい作品は結局手に入らなかった><)

とりあえず、今回買ったものをメモ。
タイトルと作家さん、簡易な、どの作品の関連同人なのか、だけ列記。
読み終わった後で、現在持ってる他の同人誌も足して、
もうちょっと詳しくどんなんだったかを書いておこうかな、とか。

≪春原いずみ≫さん
【高検・検事室にて】     警視庁13階にて 番外編
【検事室の姫君】       警視庁13階の罠 番外編
【氷上の輪舞 Ⅰ】       銀盤を駆けぬけて 番外編
【氷上の輪舞 Ⅱ】       銀盤を駆けぬけて 番外編
【氷上の輪舞 Ⅲ】       銀盤を駆けぬけて 番外編
【Sparkle on Ice !】     銀盤を駆けぬけて 続編
【Holly anight accident ~聖夜の災厄~】 神の右手を持つ男・きみシリーズ 番外編
【君は以外なモラリスト?】   きみシリーズ 番外編

≪花川戸菖蒲≫さん
【ハウスキャットは店番をする】   レンタルキャットに首輪 続編
【ハウスキャットも発情をする】   レンタルキャットに首輪 続編
【三十路魔性のプリンシブル】    不道徳なプリンシブル 番外編
【Love2 Lilly Boys 1】       天使・ビスクドールシリーズ 番外編
【Love2 Lilly Boys 2】       天使・ビスクドールシリーズ 番外編
【新宿×深夜ファクト×extra YU-JI】 新宿×深夜ファクト 番外編

≪郷しいら≫さん
【狼男爵 1】        顔のない男・美男の逆襲 番外編
【狼男爵 2】        顔のない男・美男の逆襲 番外編
【青い薔薇の男】       愛を描く男 番外編
【ただいまCM中!】      番組はそのままで!・ 番組のその後で! 番外編

≪あすか≫さん
【恋人達の愛ある日常】         唯我独尊な男・その他商業初期作 番外編
【唯我独尊な男2.5 ~封鎖~】    唯我独尊な男 番外編
【唯我独尊な男4 ~遺言~】      唯我独尊な男 続編
【唯我独尊な男5 監禁愛 オープニング】唯我独尊な男 続編

≪谷崎泉≫さん
【目眩 特別編】 目眩 続編
【恋泥棒を捜せ!SP パンダ航空・疑惑の新居編】 恋泥棒を探せ!番外編

≪伊郷ルウ≫さん
【我慢できない夜】    ミスキャスト 番外編
【正しい愛情表現】    ミスキャスト 番外編
【甘やかしすぎて】    ミスキャスト 続編
【無駄な抗い】      ミスキャスト 続編
【そして夢のなか】    ミスキャスト 続編

≪神奈木智≫さん
【うち巫女】    うちの巫女が言うことには 番外編

≪高月まつり≫さん
【伯爵様はラブイベントがお好き】       伯爵様シリーズ 短編集・番外編
【別冊伯爵様1 すべてはここから始まった】   伯爵様シリーズ 番外編
【伯爵様シリーズ番外編・総集編1(1-3収録)】 伯爵様シリーズ 続編
【伯爵様シリーズ04 日本日和とユニオンジャック】伯爵様シリーズ 続編
【伯爵様シリーズ08 子供は寝る時間】      伯爵様シリーズ 続編
【伯爵様シリーズ09 何度も恋に落ちます 】   伯爵様シリーズ 続編
【伯爵様シリーズ10 (完結) 行ってきます】  伯爵様シリーズ 続編

≪花本ロミオ≫さん
【Wの愛劇 EAGLE0.5】 Wの愛劇 番外編
【Mの疑惑】      Wの愛劇 番外編
【Sの疑惑】      Wの愛劇 番外編

≪吉田珠姫≫さん
【旦那さまは白馬に乗って】   旦那様シリーズ番外編


どうしても欲しかったソレ……「教授の華麗なる作品」は、あった!と思ってカート入れてポチまでしたのに、
在庫確認で売り切れだった(涙)もう、超がっかり!!!

ちなみに、あすかさんの唯我独尊な男シリーズは、本人サイトで購入できる分は予約いれてあるので、まだ増えますw

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

ベビーブームはもう食傷気味

この1.2年、やたら目につくようになった子供付きBL作品。
※お子様付き 恋愛要員以外のメインキャラクターとして、中学生以下の乳児・幼児・小子をもってきて、さらに大概は表紙にまで出張っている作品。

前からそういう作品もあることはありましたが、こんなに多くなったのは間違いなく、ごく最近の傾向です。
1か月で何冊のBL新刊が出てるのか詳しいことはしりませんが(文庫新書合わせて20-30冊?)ここ数カ月、最低月1冊はお子様付きの表紙を見ます。ひどいときは3.4冊お子様混じりの表紙のBLが並んでることも。

もちろん、ユーザーの意識、というか好みの変化で、作家さん自身がそういうのを書きたくなったら、希望が通りやすくなった、っていうのはあるでしょうけど、それにしてもこの増加量はタタゴトぢゃありません

ていうか、ぶっちゃけ、どこぞの老害知事がわけのわからんイチャモンをつけて、表現の自由を侵害する法案を発表してから…なんですよね。
で、最近になって子連れ作品を書かれるようになった某作家さんのあとがきにあった「編集からのリクエスト」という言葉。
これってもしや、上のほうで、「とりあえず子供付けとけば、肌色表紙と違って、そーいう対象と思われないんじゃね?」的な意向があるんじゃないか……と。
よく、和ませるには子供か動物持ってくればOKっていいますし。(ネタにつまったら…ともいいますが)

それにしても、もう飽きました。
子供付きもたまに読む分にはいいんですけど、こんだけ氾濫してると、どーしても似たり寄ったりの印象になっちゃいますし、恋愛がメインなのか子供のお守がメインなのかわけわからないような作品も増えてきちゃってて……。

作家さんも、差別化をがんばってはいるのはわかります。
基本の実子から、甥姪、最近では通りすがりの園児まで……。(なぜか9割は男の子)
けど、それにしても、バリエーションに限界があるのは確かで。
もーそろそろ、もう子付き市場は飽和してるよっていうの、誰か編集さんに教えてあげて下さいw

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

なんか知らないけどお気に入りな作品

ずーっと放置してたのに、再開のとたん、何もなかったかのよーにレビューってのもなんか微妙なので、
とりあえず雑談からはじめてみる。

てことで。

「なんか知らないけどお気に入りな作品」
この「なんかしらないけど」ってのがミソでして。
ぶっちゃけ、評価が高いとか、人気があるとか、そーゆうんじゃない。
あくまでも個人的になぜか何度でも読みたくなる。
そんな作品って、皆さんもなにかしら、持ってませんか?
(もちろん、人気があって評価も高い作品の中にもありますが)

というわけで、今回は、私的何度でも読みたくなる(実際読む)作品を、
何作か上げてみようと思います。
レビューをするかどうかは、この後の気分しだいでw
(すでに挙げてる作品は付きです)

神奈木智さん「ダイヤモンドの条件シリーズ」
剛しいらさん「顔のない男シリーズ」
剛しいらさん「教授シリーズ」
氏之原鯖彦さん「シンデレラゲートシリーズ」
愁堂れなさん「たくらみは…シリーズ」(なんかもうすぐ文庫で再版されるみたいですね)
榊花月さん「三日月のユウウツ」
 春原いずみさん「銀盤を駆け抜けて」
成瀬かのさん「僕の悪魔シリーズ」
花戸川菖蒲さん「レンタルキャットに首輪」
花本ロミオさん「仮面のピカレスク」
 妃川螢さん「甘いシリーズ(Coldサイド)」
本宮榎南さん「狸といっしょ」
 西野花さん「エンジェルヒートシリーズ」
 ゆらひかるさん「ぼくのプロローグシリーズ」

ちなみに本宮さんの以外は全部けっこー古いですw
ジャンル的にもバラバラですが、なぜかこれらの作品は、2.3カ月に1度は読み返したくなる。
シリーズ物が多いので、全部まとめて読むと2.3日つぶれますがw

私のBL図書館は、とにかくひたすら買いあつめてドナドナせずに積み重なっているので、
一度読んでそれっきり、っていうのもけっこう多いんですが(てか、8割ソレ)
これらの作品に関しては、間違いなく何度も読み返すので、特等席(本棚・目線位置)に
鎮座ましましております。
一部作品については、同人誌まで買い集めてしまっている始末w

というわけで、なんのオチもありませんが、私的お気に入り作品はこんなんですよーと
晒してみるエントリーでしたw
この中に、1作でも、皆さんのお気に入り作品が入っていたりするとちょっと嬉しいかもしれない♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

新春ごあいさつ2012

超いまさらですが、あけましておめでとうございます。生きてます。

前回の記事からほぼ一年半以上たっていますね。
ブログはすっかり放置しておりましたが、BL小説は毎日読んでおります。
BL部屋はすっかり本で占領されました。
すでに床の半分は詰みあがったBL小説で埋まっております。

またぼーちぼーちなんか書いていこうかなーとか思ったり思わなかったり。
どうなるかわかりませんが。
とりあえず、そんなこんなで、生存報告的な。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

正直に言おう。私は血縁モノが好きだ!

正直に言おう。私は血縁モノが好きだ。
はっきりいって血縁物は好物といっていい。

なのに全体数が少ない!!
あっても義理の縁に逃げている!!!
なんということだ!
もっと血縁物に日の目を!!!!

だが、誤解しないでもらいたい。
私は決してただ血が繋がっていればいい、という物を望んでいるわけではない。
基本、血が繋がっているからこその愛や苦悩がうかがえる物を望む。
たまに他人が混ざっていても、愛があるなら可としよう。


とりあえず、以前投稿した特殊嗜好告白エントリーをなぞってもうひとつの特殊嗜好をペロってみましたw

ま、血縁っていっても、親子・兄弟・伯叔父・従兄弟のうち、特殊嗜好に入るのは、まぁ、親子・兄弟・伯叔父ですよね。従兄弟はちょっとしたアクセント程度。

複人数よりは作品数が多いように見えるんだけど、実の…となると、意外と少ないんだ、コレが。
義理の…はそこそこ数あるんですけどねぇ。

私は義理の…は基本逃げだと思うんですよ!
もちろん、義理の親族関係をうまく使った作品はありますし、ソレはソレでいいと思うんですけど、そうでない場合、なんでソコでわざわざ義理にするかなーーーーって不満を持っちゃう。

もちろん、倫理的なタブーを加味して、っていう作者・編集側の思惑もあるんでしょうけど、BLでソレはいらんだろ!
子供ができるわけじゃないんだしさー。
異母兄弟も半分逃げを感じるんだけど、まぁ、コレは出会いや立場的な設定で必要な場合もあるので、仕方ないかな。

あと、血縁なのはいいんだけど、あんまりあっさりしてるのもイマイチ。
某、南○さんなんかが代表のライト系によくある、単純にブラコン・ファザコンが決壊して、対してタブーも感じず、あー、なんか気が付いたら恋人兼ねてたーってゆーのは、むしろ、血縁である必要ないじゃん!って思っちゃうんですよね。
そのへんの割合が自分でも微妙なんだけどw

ま、そーゆーのが苦手な人は「義理の」でさえダメっていう話も聞きますからねぇ。
コレもまた特殊嗜好ということで、ただ、同意していただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ、オススメの血縁モノを拍手やコメで教えて下さい♪

ちなみに、「兄弟」「二重螺旋シリーズ」「堕ちる花シリーズ」「Beauty Beast」は既読です。
あとは単品モノもそれなりに色々読んでいますが、さすがに全部書き込めないのでー、既読とダブってもいいので、よろしければぜひ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

小説家フェアは中止しますw

まあ、3ヶ月近く新規投稿せんでフェアもなにもないとは思いますがw

なんかねー。
ネタがないわけじゃないんだけど、微妙に気が乗らないっていうか。
ちょっと、とあるネタをまとめてから、小説家モノフェアを改めてしようかと。

ネタはね、あるんですよ?ブクログチェックすると、登録済出版関係だけで94タイトルもあるんですから。
そのうちの1/4が小説家としても最低20冊は小説家モノってことになりますからね。
いえ、実際に何冊あるかチェックはしてませんが。

ま、そゆわけで、次回は別の小説家とはまったくかんけーない(であろう)タイトルで新規投稿しまっす。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

新年ご挨拶

あけましておめでとうございます。

なんか気が付いたら前記事より2ヶ月も放置しちゃってたりしますが、
コレが私のデフォなので、今年も似たようなちょっと書いてはサボり……
ちょっと書いては……という更新状態になるかと思います。

どうぞ、生暖かく、見守りながら、今年もよろしくお付き合いお願い申し上げます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

誕生日にBLを思う。 『指定バトン(お題:BL)』

『北の主腐から』のわにこ様より、指定バトンを頂きました。
普段バトン類は受け取らない(っつーかそもそもバトン送ってくるよーなお友達がいないw)私ですが、
今日はちょうどキリよくマイ誕生日!
せっかくですので、私にとってのBLを振り返るためにも、ここは一つ、受け取らせて頂きます♪

【指定バトン】
※注意 指定者以外は絶対にやらないで下さい。
いつ回ってくるかのバトンなんで!
※回してくれた人から貰った『指定』を『』に入れて答える事

が、このバトンのルールとの事。

わにこさんから頂いた私のお題は『BL』です。
頂いた瞬間、範囲広いな!っとか思いましたが、ちょうどいいや、と思いなおしましたw

バトン内容は
1、最近思う『OO』
2、こんな『OO』には感動
3、直感的な『OO』
4、好きな『OO』
5、こんな『OO』は嫌だ
6、この世に『OO』がなかったら・・・
7、次に回す人。(『指定』つきで)
の7つです。

では、まいります。

1、最近思う『BL』
「BL(ボーイズラブ)」って、ここ数年で急激に市民権を得ましたよね。
普通に中学生とかが(うっかりすると小学生でも)コバルトなどの少女文庫やライトノベルと同じ感覚で購読してる。(まあ、コバルト自体、内容的に完全BLなモノも出していますが)
「腐女子」という言葉が一般的になり、購読層の低年齢化が進んでるな、とニュースや本屋の客層なんかを見てて思います。

と、同時に、私と同世代、BLという言葉がまだなく「JUNE系耽美」や、「アニメ系やおい」が一般に知られ始めた頃、その洗礼を受けた、主腐、貴腐人層が、10年とか15年のブランクを経て、「出戻り」しているのも、目立ちますね。
腐界とは縁を切るつもりでも、気が付くとまた戻ってきてしまっている、というのが多いのかもしれません。
ちなみに私も出戻り組。

これだけ巾広い年齢層に、ある程度の住み分けはあるとはいえ、ほぼ平等に愉しみを与えられる、「BL」というジャンルですが、モノノ本によると、今ちょうど、停滞期に入っているそうです。
確かに、BL雑誌(小説・マンガ・アニメ)の乱立による、完成度の低い作品の乱発なんかはあるだろうけど、ソレを含めても、今後BLっていうジャンルがドコに行くのかが楽しみな時代だな、って思います。
発表の場が多いってことは、それだけ色々なタイプの作家さんが色々な作品を出せるってコトですしね。

2、こんな『BL』には感動
うーん、感動ですか、感動……。
泣きモノには弱いですね。けっこう涙腺弱いほうですので。
最近で一番ボロ泣きしたのはこちら。
スイートホーム―友情があって愛に成る (プラチナ文庫)スイートホーム―友情があって愛に成る (プラチナ文庫)
(2006/11)
綺月 陣

商品詳細を見る
綺月さんにしては珍しく、登場人物がわりと普通な人達の話だし、ストーリー自体も「長い片思い」王道系なんだけど、受け子がとにかく魅力的で、ベテランの筆力に全屈服しました。
以前シーサーブログのほうでレビュー書いてあるので、そのうちにまた、こちらでも書きますね。

あとは、別の意味で、ぶっ飛び作品に感動を覚えます。
過去に記事上げたS・稔也さんの「ぼくのたまご」とか、水無月さららさんの「奇跡のオブジェ」とか。
よくこんなの考え付くなー、みたいな?
ちなみに、あすま理彩さんの「舞い降りた天使」は、アレは感動というより脱力を覚えたので対象外w

3、直感的な『BL』
コレは、なんというか、わかりにくいお題ですねえ。
直感的、って、まあ、ようするに衝動買い、みたいな?
衝動買いは、小説よりもマンガに多いですね、私の場合。
あ、あくまでも定価での買いに限ります。 中古の場合、衝動っていうよりほぼ無差別なので。

タイトル・絵柄・それから判別できるジャンルの3点が、その時の気分にジャストフィットした時に、BLマンガの衝動買いが起こります。
ドレがその衝動に当てはまるのか、は、自分でもわかりません。
わからないから衝動なんです。
ちなみに最近衝動買いしたBLマンガはこちら。
不条理な愛が支配する (ドラコミックス 180)不条理な愛が支配する (ドラコミックス 180)
(2008/09/03)
嶋田尚未

商品詳細を見る  
アラビアン・騎士 初回限定版 (ドラコミックス 203)アラビアン・騎士 初回限定版 (ドラコミックス 203)
(2009/06/25)
島あさひ

商品詳細を見る  
パーフェクト××× 1 (GUSH COMICS)パーフェクト××× 1 (GUSH COMICS)
(2009/06/10)
緋色 れーいち

商品詳細を見る
はい、見事に全部ジャンルが違いますね。
いかにコレが衝動にかられての行動なのか、とてもよくわかると思います。

4、好きな『BL』
わりとなんでも来いの人なので、あえて好き、といわれるとかえって戸惑いますが、そうですね、以前にも公言しておりますが、「複人数モノ」が好物です。
あと「出版関係」「芸能関係」「医療関係」「極道・マフィアモノ」「音楽関係」このへんは、古本で見かけたら問答無用でゲットしますね。

5、こんな『BL』は嫌だ
読んだ後、失敗したな、と思わせる作品はちょっと……。
失敗率のジャンルでいうと、ダントツ一位がアラブなんですが、その理由はおそらく「上○あ○あ」さんじゃないかと睨んでいます。
「お約束」はキライじゃないんですが、「お約束」をうまく生かせない、そんな作品が多すぎて……。

あとは、精神的にキツくなる作品はダメです。
シリアスでもいいんですが、救いがまったくない、最終的には救われるとしても途中経過がキビシすぎる、そんな作品は重くて読むのがイヤになります。
昔は多少イケたんですけど、今はもうだめですね。

6、この世に『BL』がなかったら…
えー……。
とりあえず、このブログはマチガイナクないですよね。
数少ない数人のお友達もいなかったと思います。
あとはー、まだ某オンラインゲームにハマったままだったでしょうね。
BLを読む時間が欲しくて半引退状態になりました。

7、次に回す人。
えっと、ほんと、お友達が少ないのが厳しい現実w
というか、リンクさせていただいている中で、まだこのバトンもってない方ってお一方しかw
というわけで、『腐ノ煩悩(瞑想中)』の沙粧さんに、ご協力御願いしたいと思います。
お題は、そうですね『BLゲーム』で!
って……見てくださってるかしら?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

懲りてない…祝?未読650冊越えw

わははっ、「未読消化しよう」とか「まだ未読600冊届いてない」とか言った、その、10日後に、力いっぱい!!未読を増やしてみた罠。

いやー、今日、ブック○フいってきたんですよ、ブックオ○。(いくなよ、っていうのは言わないお約束w)
そうしたらですね、なんか在庫処分だか、単にどっかの私みたいな人が一斉処分かけて大量入荷したんだかしりませんが、BL文庫本が書棚だけでなく、コンテナに7箱くらいてんこ盛りにされて置いてあったんですよ。
しかも、ソレが全部100円なんですよ。
おそらく、あまりにも大量に入荷したもんで、いちいち振り分けるの面倒でぜんぶまとめてがーーー!!と100円ラベル貼ったと見たw

おいといて。

そんなんあったら、チェックするでしょう?
しちゃうでしょう?

しかもですね、その日は文庫・新書4冊1000円フェアの最終日だったんですよ。
4冊1000円っていうと、ですね、1冊250円なんですよ。
普段、450円で売ってるやつが、250円で買えるんですよ。
しかも、5冊以上の場合も1冊250円継続なんですよ。

ついうっかり、買っちゃいません?
どの古本屋いっても、半額棚にしか置いてないノベルズが、250円なんですよ?
つい手が出ちゃいますよね?

さて、コンテナをチェックチェック!
(おそらく)未振り分けだけあって、ぶっちゃけ、汚れてる本とか、ちょっとページが折れちゃってる本とかも混じってるけど、普段100円棚では見ないやつがいっぱい……。
って、ヲイコラ、これ、9月発売だよっ!ああっ、コレもっ!(結局買った中で4冊当月発売分、2冊先月発売分がありましたw)

左端のコンテナからケータイ片手に在庫チェックをしながら、カゴに積めつめ……。
最後2箱くらいのところで、

「あのー、もう一つカゴ、もってきましょうか?(お店の人)」
「! ……え、えっと……た、たぶん、もうあと2.3冊なので……(大丈夫です、もごもご……)」

……ちょっと、いや、正直かなり恥ずかしかった………。

で、結果。
hon.jpg
本日の収穫、文庫本冊46冊・新書10冊計、56冊。
計、7455円(税込み)

………。
あっ、そうだよ、コレはね、えーっとね、そうっ!
一日早いセルフバースディプレゼントっ!!
よしっ! 予定外出費の正当化完了!!
やったね、私、誕生日おめでとう、私っ!!!
(本当は全然うれしくないけどね、もうこの年で年齢重ねるのなんて……)

んでもって、この10日の間に追加されていた分も含めて、ブクログ登録済冊数、2250冊。
そして未読本、658冊と相成りましたw

ふ、ふふふふふ、ふはははははははははは!!未読700超えも、そう遠い未来じゃないなっ!!!!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

生きてまーす

いやあ、ちょっとサボってた隙に1ヶ月あいちゃってましたねっ。
1ヶ月新規投稿がないと、記事の前に出てくる広告スペースが非常に物悲しい気分を盛り上げてくれてましたw

いやぁ、うみねことか、地震とか、湿疹とか、さぼりとかっ!色々あって(主にサボりだなんていわなんだからねっ)更新滞ってましたが、明日からまた、ボチボチと再開していきたいと思います。


おいといて。
そういえば、昨日やっと、現時点で手元にあって確認できるBL小説のブクログ登録が終わりました。
ただし、倉庫の奥で埃かぶってるやつが、たぶんあと100冊くらいあるんじゃないかなーとか思うんですが、引っ張り出してくるのが超めんどーなのでもう、ソレは思い出せるだけ登録して、思い出せなかったやつは、いつか奇跡的に倉庫の整理なんかしたときにサルベージしようと思います。

で、ですね。現時点の登録数、がいくつになったか、というと、
2141冊
という結果になりましたw
あくまでも、BL小説(商業文庫・ノベルズ)のみで、ですよ?
ちなみに、コレクター気質が邪魔をして、ドナドナできないので、殆どが手元に残っている状態……。
ついでにいうと、ダブり購入分が、おそらく50冊くらいw
ブクログ登録を始めてからは、かなり防げるようになったんですが、それ以前と、登録し終わる前のヤツを忘れていて、うっかりーっていうのが少量。
(現在は、ケータイでブクログの自分の本棚を作家名とかタイトルを検索してダブリチェックしてます)

ブクログ検索一口メモ 持ってるかどうか確認したい場合、作品タイトルか、作家さんの苗字、名のどちらか片方だけを入れて確認したほうが確実です。「氏名」で検索すると、なぜかひっかからない場合があるんですよー。
あと、PCでの検索ボックス、なぜかエンターでは検索かけてくれませんw 「検索」ボタンを押さないと動かないの。ちょっとめんどくさいー。

んで、未読分が、
576冊
……お、思ったより少ないじゃん? 3割いってないよっ?!
…………未読消化しようぜ……自分………。
大丈夫っ!600冊にはまだ届いてないから、1日2冊読めば1年もたたないうちに、消化できるよっ!
(追加がなけりゃな……)
うん、まあ、いつかそのうち、読みきれる……といいネ。

『ひみこのBL小説本棚(ブクログ)』
http://booklog.jp/users/blmemo



さてさて、この大量のBL小説ですが、わたくし、現在寝室横の半物置部屋になっているトコロにどでーんと、重ねて置いてあります。
本棚にはとてもじゃありませんが、入りきりませんので、こんな状態でw
tana1.jpg
こちら、既読の山(当然、本棚の中も全てBL小説です)

そしてこちらが未読の山。
tana2.jpg

既読は、この本棚と袋積み以外にも、カラーボックス2つに詰め込まれております。

当初は、バラバラに置いておいたり、ダンボールに詰め込んだり、紙袋に詰め込んだりしていたのですが、ソレだと、既読・未読の判別がつかなくなる上、取り出しにくく、タイトルチェックもし難く、再読したくなってもドコにあるかわからなくなって、結局全体にゴチャゴチャになる、という悪循環に陥っておりました。
が、ある日ふと、たちよった100円均一店で「不織布+ビニール」でできた、文庫・コミックス収納袋なる、大変便利なモノを発見いたしまして、ソレを使うようになってからは、(置き場所占有はともかく)既読・未読は全部チェックでき、再読したくなっても、積み重なった箱を開けてー、とかいう面倒なコトをせずに、単に袋をちょっとづつ移動させて上からタイトルチェックをすればいい、という大変カンタンな状態にすることができるようになりました。

こんなやつです。
bag1.jpg
bag2.jpg
上の未読の山を見てもらえばわかりますが、両方向に取っ手がついており、1袋平均20-25冊ほどなので、重さもたいしたことがなく、移動も簡単。
上部はビニールなので、いちいち袋を開けなくてもタイトルチェックができ、取り出しもジッパー式なので楽々。
文庫・ノベルズ別に分けてありますので、たしか、コレはノベルズだったはずーって思えば、その大きさの袋だけをチェックすればいいんですヨ。
未読分から読みたくなった本を取り出したら、半端に入っている袋から新規購入した分を追加し、常に半端になっている袋は文庫・ノベルズ各1づつにして、読み終わったら、やっぱり各1づつ半端に空いている既読袋に収納。
コレの繰り返し。
まあ、どんな整理したところで、この大量のBL小説の山がただごとじゃないのは、ごまかしようがないんですけどねっ!!

あ、そうそう、お友達(マイミクさん・ブログリンク済の方を一方的に友達と決め付けます)で、住所やリア名明かす勇気がある方でしたら、このブクログ登録された本の中で読みたいモノがありましたら、貸し出しいたしますので、気軽にお申し出くださいね。
既読分でも未読分でもOKです。(9割5分くらいは手元にあるので、殆ど貸し出し可能だと思います)
送料のみ負担していただきましたら、最長3ヶ月くらいの間でしたら貸し出しいたしますヨ。
1冊-4冊くらいなら、メール便やゆうメール(旧冊子小包)で送れますし、ダンボール一杯に詰め込んでゆうぱっくで送ってもいいですしw
その気があったら、メールフォームからチェックいれたタイトルとか書いてお知らせくださいネ

んじゃ、そゆことで、明日からは今度こそ、『小説家特集』いこうと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

んー。次は何フェアにしよう。

いや、べつに無理にフェアる必要はないんですけど、なんとなく。
まだシーサーからのお引越しも全部おわってないですしねぇ。(管理遅すぎw)

(シーサーブログチェック中)

んー。
フェアれる程度(4.5作)あるジャンル……。

ここんとこ、複数だったり、ヤクザ・マフィアとちょっとハードなのが多かったから……。
よし、んじゃ、次
小説家モノフェアいってみましょうか。

ウチのジャンル別分類だと「出版関係」になりますけど、とりあえず、マンガ家、編集は別あつかいで、今回は「小説家」限定でいってみます。
すでにこちら(FC2)にエントリー済の作品もありますが、ソレは今回のフェアには含めない方向で。

何気に好きなので持ってる数が多いんだよなー、出版関係w

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

複数交流のススメ (既読複数モノ リスト)

番組ヤクザ・マフィアフェアの途中ですが、臨時ニュースエントリーをお届けします。

いえ、単に、自分が忘れない為のメモですけどね。
最初掲示板に書いとこうかと思ったんですが、先日、思いっきりログ飛ばされたので。
さすがのFC2も、ブログ本体の記事飛ばしはさすがにしないだろうと……思うんだけど……。
しないと……いいなぁ……(ちょっと心配)

おいといて。

いえ、第2回複数交流フェアの為にも、ちょっと既読複数モノ本(あれからちょっと増えた)を追加しとこうかとw

今後は、読了の度に、このエントリーに追加していこうと思います。
毎回イチイチ追加エントリーしてたらキリがないですしね。

というわけで、以下追加。

『ちょっと過激な恋物語(みんなで幸せ型)』 雅桃子
『研究室にいらっしゃい(みんなで幸せ型)』 雅桃子
『研究室ウォーズ(みんなで幸せ型)』 雅桃子(↑との間に「踊る大研究室」があるらしい)

『ごむたいな双美人(みんなで幸せ型)』 斑鳩サハラ

『甘い罠で蕩かせて(とりあえず一人選んだけど、許可があればカモーン型)』 高岡ミズミ

『わがままな衝動(とりあえず共有納得型)』 かのえなぎさ

『ワインレッドの誘惑(一人を選びました型)』 暁由宇

『ロマンスの王様(元から一人選んでるけど、プレイとして雑魚キャラ混合型)』 水戸泉

『モザイクリング(皆で幸せ型)』 須和雪里

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

ヤクザ・マフィア物もいいよネ!

さて、前エントリーまで、続けさせていただきました複人数フェア、とりあえずは、前作で一旦締めさせていただきます。
思った以上に各方面からご好評いただき、まことにありがとうございました。
みなさんスキねぇツンっ 私もスキよ

ネタはまだまだございますので、そのうちにまた、第二回複人数フェアを突発的に開催するかもしれません。その折には、また、ひとつ、楽しくのっかってみて下さい

こんな複人数作品はどう? という情報提供は、フェア関係なく、常時募集しておりますので、そちらのほうも、コメント、掲示板、拍手等、どの場でもかまいませんので、よろしく御願い申し上げます。


というわけで、次いってみましょうか!!

新エントリーでもいいんですが、まだシーサーブログからの引越しが終わってないので、まずは、あちらからもってくる分で、ジャンルまとめてフェアにしちゃいましょうか。

そうですね……【ヤクザ・マフィア】物 なんかいかがでしょう?
BLの中でも、一大ジャンルを占めます、任侠・組織の中での、めくるめく愛憎の世界!
背を彩る刺青、秘密パーティーのざわめき、ああ、想像するだけで……はぁはぁ…

ま、しょせん私が好んで読むLvなので、小難しかったり、本格的な任侠モノは殆どなかったりしますが。

じゃ、まあ、そーゆうコトで。
次エントリーからヤクザ・マフィア物フェア開催いたしまーす ドンドンパフパフー

1.2記事は引越し改訂分ではなく、新規エントリーを入れるつもりですので、シーサーブログをご覧になっていらした方も、楽しみにしてみて下さいね

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

正直に言おう。 私は複人数プレイ物が好きだ!

正直に言おう。私は複人数プレイ物が好きだ。
はっきりいって複人数プレイ物は好物といっていい。

なのに全体数が少ない!!
あっても作家さんが限定されている!!!
なんということだ!
もっと複人数プレイ物に日の目を!!!!

だが、誤解しないでもらいたい。
私は決して輪姦等の数が多けりゃいい、という物を望んでいるわけではない。
基本、愛ある複人数プレイを望む。
たまに、陵辱入っていても、メインキャラ同士ならそれも可としよう。

1on1がダメだと言っているわけでもない。
だが1穴1棒主義ではないので、1:1しか受け付けない、というヒトとは意見が合わないと思う。

複人数のなにが良いのか。
まあ、イロイロとあるが、まず、人間関係が1:1より複雑な所がいい。
エッチのバリエーションが増えるのもいい。
弄る手が増えるだけに、単純に受け子が気持ちよさそうだ。

バリエーションといえば、複人数モノは、カップリングのバリエーションにも富んでいる。
基本は 攻・攻×受だろう。
複人数プレイの8割はだいたい上記のパターンで複数攻めに受け子1人だ。
しかし、他にも下のようなパターンを読んだこともある。
攻×受攻×受、攻×受攻⇔受攻、攻×受・受。
BLゲームでは定番のくせに、商業小説だと希少といっていいほど数が少ないリバーシブルも、複人数モノだと出しやすいらしい。
まあ、別に特にリバが好きなわけではないので、そのへんはどーでもいいが。

下記に挙げるタイトル以外で、この複人数モノが良いよ!とか、いうのがあったら、ぜひその作品を拍手やコメントで一報してもらいたい。
また、紹介予定以外のタイトルで、この作品も紹介して欲しい!というモノがあれば、ソレも知らせて頂ければ、レビューを投稿させていただこうと思う。

今まで読んだことがあるP本のタイトル・作家名のみ 思い出せるだけ、列記。

『3P(みんなで幸せになります型)』 愁堂れな
*『スクエア(みんなで幸せになります型)』 愁堂れな
『僕と彼らの恋物語(いくとこまでいっちゃおう型)』 愁堂れな

『3シェイク(自分が選んだ道だ型)』 秀香穂里

*『DEAD END(堕ちちゃって戻れない型)』
『僕のセクシャルハラスメント(堕ちちゃった後自分で選んだ道型)』 桃さくら

『ちょっとエッチな恋物語(いくとこまでいっちゃおうか型)』 雅桃子

『タイムリミット(強制型逃亡)』 剛しいら

『背徳の聖職者シリーズ(いくとこまでいこうか型)』 山藍紫姫子

『この世の楽園(みんなで幸せになれる…かな?型)』 綺月陣

『平和のススメ。(みんなで幸せになります型)』 桜井真紀

『お義兄様シリーズ(みんなで幸せになります型)』 高月まつり

『玉帝の箱庭シリーズ(自分が選んだ道だ型)』 橘かおる

『危ないシリーズ(いくとこまでいこうか型)』 斑鳩サハラ

『狼なんか怖くない(みんなで幸せになります型)』 若月京子
『狼だって恋をする(みんなで幸せになります型)』 若月京子

『恋の棺(堕ちちゃったなぁ型)』 シギナヲコ

『誰にもあげない!(自分が選んだ道だ型)』 松岡裕太

『明日のこーすけクン(いくとこまでいこうか型)』 水無月さらら

*『禁忌を抱く双つの手(いくとこまでいこうか型)』 藍生有

*『エンジェルヒート(自分で選んだ道だ型)』 西野花
『飴とムチとKISS(一人を選びました型)』 西野花

というわけで、ここから数点、複人数プレイ物、略してPモノ、P本を数点紹介していこうと思う。
現時点(2009・7・6)での紹介予定作(すでに記事が出来ているもの)は*がついているモノです。

2009.3.9のシーサーブログより移転・追記修正

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

そこに(本の)山があるから…

なぜ、未読本が405冊もあるのに、今日もまた、新しく本を買ってくるのか?

そこ(古本屋)(本の)山があるからさ……。

我ながら、社会人としてダメすぎる……むしろ社壊人……。
分かっていながら、やめられない、とまらない。
まるでかっぱ○びせんのような中毒性をもつ、それがBL。

週3回は古本屋巡りの旅に通っている私ですが、これだけ購入していると、さすがに、100円以下の棚での掘り出し物は、少なくなってきました。
と、いいたい所ですが、そーでもないのが困りモノです。

特に某エー○ー南瀬名店さん、困りますよ!
なんでそんな毎回、追加してくれてるんですか!!
うっかりすると、私がそこにいるその瞬間に追加投入するから気が抜けない……。

しかも、ココは新刊出現率がやたら高い。
前月発売されたモノが、半額棚に並ぶ率50%はあるね!
おかげで、よっぽどその場で欲しいな、と思わない限り、新刊で買う気がなくなってしまいましたよ。
こないだなんて、前月の新刊が100円のトコロにあって、目が点になりましたよ。
ありがたく購入させてもらいましたけどね!

ココ以外でも、キケン地帯はまだある。
ブックオ○グループ
全国区で有名なこのグループも、値付けが謎。
ココは、前月どころか、当月発売を200円で出すことが稀にある……。
一昨日(7/1)、愁堂れなさんの「あやうい恋のリファレンス」 と吉原理恵子さんの「相思喪曖」が200円で売ってました……。
コレ、6/18と6/27発売でしたよねっ?!
あやうい、のほうは思いっきり買わせていただきました。ゴチです!
以前にも、確か発売1週間以内のモノが別のブッ○オフ店でやっぱり200円で売ってるのを見たことが……。

新刊が売られるのは、速攻でソレを古本屋に売った人がいるから、というのはわかるんですが、なんでソレが200円なのか! 半額棚は半額棚で別にあるし、そこに追加もされているのに、当月発売単行本がなぜか200円……。
いや、うれしいけど!
ありがたいけど!!
ほんと、どーいう値段の付け方してるのか、いっぺん訊ねてみたくなります。
もしや、値付け人の気分しだい?

まあ、さすがに、そういう新刊の類は、こまめにまわらないと、確実に次の日かその次の日にはなくなっているワケで。
ソレがあるから、私は今日も、古本屋巡りをやめることができないのです……。

と、言い訳してみた。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

マイフェイバリットBL作家 その1 春原いずみさん

一旦抜け出したかに見えた腐界に、再び身を沈めて約2年。
基本、ボーイズラブよりメンズラブ、作家買いよりジャンル買いの、節操ナシ古本購入マスターのワタクシですが、そんな私にも、お気に入りの作家さんというのは、気が付けばきちんといらっしゃるもので。
今回は、そんなマイフェイバリットBL作家さんの中でも、長く5位以内に君臨し続ける、
春原いずみさんについて、ちょっと書いてみようと思います。

春原いずみさんは、1994年にデビュー。15年選手ですから、浮き沈みの激しいBL業界の中でも、けっこうなベテランさんといっていいでしょう。
近年の上梓本数は多くはありませんが、先月発行の(2009.5)「トリアージ~金の瞳の異邦人~」までに、商業単行本54冊(多分…アンソロジー・文庫化再録除く)が発行されています。

ちなみにオバカな私は、つい先日まで、この方の苗字をずっと「はるはら」だと思っていました。(本当は「すのはら」さんです)

全体にあまりBLBLしていない、ストーリーで勝負的な作家さんです。
H度数も全体的に低め。そーいったシーンが比較的軽めの1回のみという作品すらありますが、とにかく話がいいので、全然OK。

ご本人が医療関係にお勤めということもあって、医者モノ率が比較的高め。さすがに本格的。
医者モノ以外(これがまた、なんでこんな色々思いつくんだろう、というほど色々な職種ネタで書いてらっしゃるんだ)でも、ケガ、病気等が、なにがしかのきっかけになる、というストーリー展開が大目ですね。

かといって、決してワンパターンなわけではなく、どの作品を読んでも、BLとしてでなくても楽しめるしっかりした作品に仕上がっています。

たーぶーんー、ですが、一番初期の「Stay Pure」「Stay PureⅡグラス・ムーン」の2作以外はコンプできたんじゃないかと!
すごいぞ、私、がんばった!(実は持ってても読んでないのが数点あるのはナイショだ…)

中でもお気に入りの作品は、以下の通り。
フィギュアスケートをえがいた「銀盤を駆けぬけて」
医者物の中でもダントツの人気を保つ「吉永×内海」シリーズ
同じ医者物だけどまったくテイストの違う、最強の乗っかり受け多岐サンが主役の「キミ」シリーズ
設定がハデなフラメンコ物「紅のドゥエンデ」
あたりでしょうか。

つわけで(何)、ここから数点、春原作品をご紹介しようかと思います。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

ブクログ本棚と読書メーターのコト

このブログの下のほうにこっそり取り付けてあるブクログ本棚、先日からダブり購入防止のために、所持本のチェックを兼ねて、毎日、ちみちみと登録し続けているのですが、このたび、とうとう、1500の大台を超えましたw (現在数1530)

BL小説だけ!で1500冊↑ってw
いやー…あるだろう、とは正直思ってたけど(思うなよ…)本当にあることをこーやって確認しちゃうと、ますます自分のハマってる腐界の深さを思い知らされます。

しかも、まだ未登録残ってるんですよね……。
コレは間違いなく2000いくな……所持本だけで!!

現在はリアル本棚の中の書籍を3/4ほど登録し終わった所ですが、結構、あれ、これ登録してなかったんだ……が多くて自分でびっくりしています。
本棚に入ってるやつは、棚に入れたときに、一度作家別に一応整理していたのでその時点で登録し終わってるつもりになってたんですね。
実際はリアル並べ替えをしてただけで、記録登録はしてなかったとw

今回も、棚半分引き出してきては、登録しているふりをしてながら、既読本、もういちど読み返してたりするしなー……。
いつになったら、とりあえず所持本の全登録が終わるのやらw

そして、こんだけ持っていながら、そして未読が352冊もありながら、今後もまた、週3ペースで古本屋巡りをして、読みきれない本を、あー、これ持ってない!と、購入してしまうのが目に見えている、バカがここに一匹……。

自分のバカさ加減を数字ではっきり理解する為に、読書カレンダーも付け始めました。
コレは非常にキケンなアイテムです。
なんといっても、その月に使った金額がはっきり分かってしまうのです。
ひっじょーーーーーーーーに!!心がイタサムくなる自虐アイテムといえますが、このくらいしないと、本気でキリがなくなりそうなので、あえて挑戦することにいたしました。

コレでうっかりドラマCDやら、ボブゲやらはじめちゃった日には……ガクガクブルブル……。
(でもこっそり、ボブゲ『鬼畜眼鏡』だけは持ってるんだけどね……Rも欲しいとか思っちゃってるんだけどね……他のもちょっとやってみたい、とか思ってるのも……いや、ダメだ、自分、自粛するんだ!!)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

この国の未来やべぇよ、がいっぱい

べつにいーんですけどね。

BLにたまに有る、兄弟、一族総ホモな国や財閥。
アレ、どーやって系図を繋いでいったんでしょーね。
女系でなんとかしたのか(でも姉妹とかイマセン設定多いよネ)
5人に1人くらい女性とデキる変わり者wがいてそーいうので繋いでいったのかw

そこに来るまではなんとかなったかもしれませんが、その代より後がね。
養子・血縁、臣下に王権チェンジ等のフォローされているのも、少数ではあるが、一応あるんだけど、大抵気にしちゃいねーから、この国の未来まっくら。な国が大杉www

まあ「ふぁんたじー」でそんなこと気にしちゃいけないんでしょうけどがw

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

とりあえず、引越し用記事 

とりあえず他ブログからの引越しの形式チェック用に記事投稿
正式記事については、後から修正入れます。

ひととおり、テンプレート整備は終わったので、これから記事入れ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

 | ~home~ | 


最近の記事+コメント

New!以外のコメントは
折り畳まれてるので、+をクリックして
チェックしてね♪

拍手お礼や通知など(掲示板)

コメント欄や拍手するほどのコトでもない 一言なども、こちらにどうぞ!
(投稿ボタンは下部にあるので、スクロールしてね)

カテゴリー

後ろの(数字)をクリックすると、
そのカテゴリー内の記事名が
表示されます。
Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

ジャンル別分類

 

挿絵イラストレーター別分類

 

リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
このブログをリンクに追加する
(FC2ブログ専用?かもしれません)

ブログ内検索


 

BL×B.L.People
BL本全般の書評・感想・メモTB集


BL Novels TB

商業BL小説についてのトラックバック集

 


ブログ管理MENU


ブクログ(メモ的用途)

ダブり購入しない為のメモ的本棚

メールフォーム

直接のご連絡はこちらからどうぞ。
稀に、メールが届かない場合があります。
送ったのに反応がまったくない場合、
掲示板などで、送ってみたけどー、と
お知らせ頂くと、改めてチェックさせて
頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:


アルカナ・コレクション


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。