admin⇒

ひみこのボーイズラブ小説 既読記録

≫作者名 ま行

 | ~home~ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

「不肖の彼」シリーズ/みさと美夕稀

不肖の彼 remix A (アクアノベルズ)不肖の彼 remix A (アクアノベルズ)
(2004/01/23)
みさと 美夕稀

商品詳細を見る  
  
不肖の彼 remix B (アクアノベルズ)不肖の彼 remix B (アクアノベルズ)
(2004/01/23)
みさと 美夕稀

商品詳細を見る
  
不肖の彼 ロマンスに抱かれて (アクアノベルズ)不肖の彼 ロマンスに抱かれて (アクアノベルズ)
(2004/05/22)
みさと 美夕稀

商品詳細を見る

タイトル ◆『不肖の彼』シリーズ
    *不肖の彼            
    *不肖の彼2~楽園にいこう
    *不肖の彼3~キスして欲しい
    *不肖の彼4~愛が止まらない
    *不肖の彼5~守ってあげたい
    *不肖の彼 remix A        
    *不肖の彼 remix B
    *ロマンスに抱かれて 
作者   ◆みさと美夕稀
挿絵   ◆みさと美夕稀
出版社 ◆1~5      :白泉社花丸文庫
       rimix・ロマンス:オークラ出版 アクアノベルズ

カップリング  :大物推理小説家×新人推理小説家
ジャンル  :出版関係
H度     :★★★★☆☆
気に入り度 :★★★★★☆

感想文
remix A・Bは花丸文庫の1~5の中から抜粋で再録されたモノに、同人誌で発表したもの、書き下ろしのマンガを付け加えたもの。
ロマンスに抱かれては、タイトルメインに「不肖の彼」がついていないので分かりにくいが、内容は5の後日からの話。
なので、基本、「rimix」と「ロマンス」だけ読めば、分からないー!っていう部分はないと思います。
まあ、私はこの話好きなので、全部集めましたが。

小説家モノの中で、個人的上位3位の中に入るお気に入りシリーズ。
だからといって、とりたててものすごっく面白い!とかそーいうわけじゃあないんですが。(失礼…けなしてるわけではないんですよ?)

これも、前回エントリー作と同様、ほのぼの、らぶらぶ系です。
攻めがすでに地位固めされてる有名作家で受けが新人ってトコも同じですね。
こちらの攻さんは小説家、同ジャンルの先輩ですが。
同ジャンルなだけに、偉大な先輩に対する尊敬と、自分の立場に対する不信(相手に引き立ててもらったから仕事が入ってるんじゃないかみたいな)なんかのすれ違いみたいなのがメインテーマ……だったようなそうじゃないような。
もう一度読み直してみないと後半の展開忘れちゃってるw
まあ、いいや。

BL・ラノベでたまにいらっしゃる、イラストも小説も自分でっていう作家さんです。
元々マンガ家→小説の方に多いみたいですね。
まあ、みさとさんが他作家さんの挿絵をつけてるのは今の所見たことがないです。(私が知らないだけかもしれませんが) 小説のほうに他イラストレーターさんが絵を付けているのは何作か見たことがありますが。
べつにどーでもいいですが、そのテの方ってどーしてこう、皆さん、一目で、ああ、この人の絵だな!って分かる特徴のある絵を描かれるんでしょうねw (注・ほめてます)
スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

DEAD END/桃さくら

ラヴァーズGREED DEAD END (ラヴァーズ文庫GREED)ラヴァーズGREED DEAD END (ラヴァーズ文庫GREED)
(2009/04/25)
桃さくら

商品詳細を見る

タイトル ◆DEAD END
作者   ◆桃さくら
挿絵   ◆音子
出版社 ◆竹書房  ラヴァーズ文庫GREED

カップリング  :貿易会社社長(父)×大学生(息子)⇔大学生
ジャンル  :複人数 親子 調教・SM
H度     :★★★★★☆
気に入り度 :★★★☆☆☆

感想文
さて、今回5作に渡ってお送りした、複人数モノフェア、お楽しみいただけましたでしょうか。
単純に複人数モノといっても、ライトなモノから、ドロドロにハードなモノまで、色々ありますので、皆さんも、ご自分に合った複人数モノを探してみてくださいネ


さてっ、それではトリを飾る1作をご紹介しましょうか。
桃さくらさん著、『DEAD END』

うーーーわーーーーー……。
それが読了後の最初の感想でした。

とりあえず、今まで読んだ複人数モノの中でも最もいっちゃってるなぁと思った作品。

カップリング、わかりづらいんです、ようは、主要3キャラ総当たり戦です。
父×息子、父×友人K、父+息子×友人K、息子×友人K、友人K×息子。この5パターン。
あ、分かり難い?

今回、メイン受け子になります恭太郎君は、貿易会社社長令息である、勇気君と、とある事件が元で知り合い、お互いの家に訪ね、家族とも仲良くするような友人となります。
勇気の父である、矢嶋氏は、カリスマ的魅力の美丈夫で、仕事でめったに帰ってこないのですが、たまたま戻ってきていたその日、3人で酒を楽しみながら話をしていた所、勇気の母に迎えに来てくれと要請され、酒を飲んでいなかった勇気が2時間ほど席を外すことになります。
そして、勇気不在のその間に、矢嶋氏に媚薬を盛られ、陵辱された恭太郎。
当初それを隠そうとした恭太郎ですが、脅迫されるままに、関係を重ねることになり、そして、とうとう、その現場を勇気が目撃することになります。
父と恭太郎の関係を知った勇気は、その二人の、両方に欲情している自分を知り、父に誘われるままに、身体を重ね、矢嶋親子と、恭太郎の爛れた関係が始まったのでした……。

と、ソレが最初ですね。
とにかく、しょっぱなから媚薬つかわれたり、エグい張り型つかわれたり、親子に二輪挿しされたりと、さんざんな目にあっている恭太郎ですが、その後も、ちょっとした浮気心で相手をした先輩に対し、嫉妬した勇気が暴走して、結果的に恭太郎がその浮気相手とその友人たち3人に輪姦されたりと、そらもー、よくまあ、精神的にも肉体的にも壊れないなぁ、と思う程。

健康的で実直が売りだった青年が、最後にはコレが夢だったら楽しいかもしれないな…
とかつぶやきながら、結局爛れた生活を受け入れていく姿がとても哀れです。
まさにDEAD END(袋小路)。

基本3キャラの絡み以外にも(これだけでも沢山なのに)上記の輪姦シーンや息子と父の後輩
(実は桃さくらさんの代表作「僕のセクシャルハラスメント」の攻)
との一夜など、絡みシーン満載。

絡みもトコトン濃いのですが、妙な執着と色気が満載された、堕ちモノ好きの方にはたまらないだろう一品に仕上がっております。
ただ、愛は……攻め親子は愛だと主張しておりますが……。
執着は、感じられますが、愛はあんまり……。
っていうか、矢嶋父が、ズバっと「純粋にセックスだけ楽しめばいい、色々な人と寝ているけど、皆、寝ている時は好きな人」といっているように、精神的な繋がりは殆ど求めてない係わり合いなので……。

とことん堕ちちゃってるのが好きな方、複数モノが好きな方、リバ・近親が大丈夫な方、どうぞ。

記事上の商品情報は、2009年4月末、ラヴァーズ文庫より再販された物です。
初版は1994年に青磁ビブロスより発売されたビーボーイノベルズ。
文庫化にあたって、多少の修正、追加がなされているようです。
(大筋はかわっていません)
パラっと見たところ、最後部分に2.3Pの追加がありました。
そのかわり(?)上記にあります、僕セクキャラとの絡み番外が、収録されていません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 拍手する拍手っ♪

 | ~home~ | 


最近の記事+コメント

New!以外のコメントは
折り畳まれてるので、+をクリックして
チェックしてね♪

拍手お礼や通知など(掲示板)

コメント欄や拍手するほどのコトでもない 一言なども、こちらにどうぞ!
(投稿ボタンは下部にあるので、スクロールしてね)

カテゴリー

後ろの(数字)をクリックすると、
そのカテゴリー内の記事名が
表示されます。
Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

ジャンル別分類

 

挿絵イラストレーター別分類

 

リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
このブログをリンクに追加する
(FC2ブログ専用?かもしれません)

ブログ内検索


 

BL×B.L.People
BL本全般の書評・感想・メモTB集


BL Novels TB

商業BL小説についてのトラックバック集

 


ブログ管理MENU


ブクログ(メモ的用途)

ダブり購入しない為のメモ的本棚

メールフォーム

直接のご連絡はこちらからどうぞ。
稀に、メールが届かない場合があります。
送ったのに反応がまったくない場合、
掲示板などで、送ってみたけどー、と
お知らせ頂くと、改めてチェックさせて
頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:


アルカナ・コレクション


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。